協会概要|About

協会概要


組織図(2022年4月1日付)


組織図


冊子「パラスポーツの歴史と現状」(2021年3月発行)

掲載データのダウンロードと使用について

下記資料の著作権は当協会に帰属します。当協会の許諾なく販売目的で使用したり、無断複製・転載すること禁じます。
ただし、教育または非営利目的の調査・研究資料、または障害者スポーツの普及・啓発目的で記載内容を参考資料として活用する場合はこの限りではありません。ご不明な場合はEメールにてお尋ねください。

【▲全ページをダウンロード(別ウィンドウで開く/PDF)(66P)

専門委員会

技術委員会

役職氏名職業・役職
委員長髙山 浩久東京都障害者総合スポーツセンター 副所長
副委員長猪飼 聡京都市障害者スポーツセンター 次長
副委員長藤田 紀昭日本福祉大学 スポーツ科学部 教授
副委員長太田 澄人長野県障がい者福祉センター・サンアップル スポーツ課 係長
委 員指宿 立医療法人社団唱和会明野中央病院 リハビリテーション科 科長
委 員植田 里美大阪市長居障がい者スポーツセンター 指導課 主任
委 員角正 真之社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会 障がい者スポーツ振興部スポーツ振興室 係長
委 員片岡 優世一般社団法人Uプロジェクト 代表
委 員北村 大河高知県立障害者スポーツセンター 所長
委 員兒玉 友日本福祉大学 スポーツ科学部 准教授
委 員佐藤 敬広東北福祉大学 総合福祉学部 准教授
委 員白石 三重子埼玉県障害者交流センター スポーツ指導担当 主査
委 員杉山 真理東京保健医療専門職大学 リハビリテーション学部 講師
委 員鈴木 しのぶパシフィック・ドルフィン 代表
委 員常見 恭子埼玉県総合リハビリテーションセンター 健康増進担当 主任
委 員細川 健一郎国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局 神戸視力障害センター 教務課 教官
委 員前田 究社会福祉法人鹿児島県身体障害者福祉協会 スポーツ情報課 課長
委 員増子 恵美公益財団法人福島県障がい者スポーツ協会 書記
委 員森 慶一公益社団法人東京都障害者スポーツ協会 経営企画部総務課 課長

科学委員会

役職氏名職業・役職
委員長中澤 公孝東京大学大学院総合文化研究科 教授
委 員植木 章三大阪体育大学 教育学部 教授
委 員内田 若希九州大学大学院人間環境学研究院 准教授
委 員奥田 邦晴大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 教授
委 員川村 慶川村義肢株式会社 代表取締役
委 員齊藤 まゆみ筑波大学体育系 准教授
委 員桜井 伸二中京大学スポーツ科学部 教授
委 員髙木 久見子横浜市スポーツ医科学センター
委 員橋口 泰一日本大学 松戸歯学部 教養学(健康スポーツ科学) 准教授
委 員元永 恵子国立スポーツ科学センター スポーツ研究部 研究員

医学委員会

役職氏名職業・役職
顧問陶山 哲夫学校法人敬心学園東京保健医療専門職大学 学長
委員長緒方 徹東京大学医学部附属病院 教授
副委員長草野 修輔学校法人敬心学園東京保健医療専門職大学 教授
副委員長田島 文博和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座 教授
委員大西 守公益社団法人日本精神保健福祉連盟 常務理事
委員小崎 慶介心身障害児総合医療療育センター 所長
委員加賀 佳美山梨大学 医学部小児科講師
委員黒澤 一東北大学環境・安全推進センター 教授
委員小林 章郎医療法人社団松下会白庭病院 院長
委員佐久間 肇東京保健医療専門職大学理学療法学科 教授
委員清水 朋美国立障害者リハビリテーションセンター病院 第二診療部長
委員中村 健横浜市立大学医学部リハビリテーション科 主任教授
委員中村 太郎社会医療法人恵愛会大分中村病院 理事長・院長
委員能瀬 さやか東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 助教
委員山本 満埼玉医科大学総合医療センター リハビリテーション科 教授
委員和田野 安良医療法人坂和会霞ヶ浦リハビリテーション整形外科クリニック 院長


大会の開催・奨励

全国障害者スポーツ大会やジャパンパラ競技大会をはじめとする全国規模の障がい者のスポーツ大会を開催・奨励しています。

主催大会
ジャパンパラ競技大会
全国障害者スポーツ大会
内閣総理大臣杯争奪日本車いすバスケットボール選手権大会
文部科学大臣杯争奪日本車いすツインバスケットボール選手権大会
大分国際車いすマラソン大会
全国車いす駅伝競走大会
国際盲人マラソンかすみがうら大会

国内関連団体との連絡・調整

国内の障がい者スポーツ団体及び関連団体との連絡・調整を図り、障がい者のスポーツの普及・振興を推進しています。

IPC・国際障がい別競技団体への事業参画

国際パラリンピック委員会(IPC)、アジアパラリンピック委員会(APC)及び障がい別国際競技団体等との連絡・調整を図り、これらの事業への参画を行っています。


選手強化

合宿等の実施により、障がい者のスポーツ選手の競技力向上を図っています。

広報活動

インターネットや、各種報告書を通じて、国内外の障がい者のスポーツに関する情報提供を行っています。

指導者の養成

障がい者のスポーツの普及・振興を図るため、障害者スポーツ指導者養成研修会を実施し指導者の養成を行なっています。


スポーツ相談・指導

障がい者のスポーツに関するあらゆる相談・指導に対応しています。

国際大会派遣

パラリンピックをはじめとする各種競技の国際大会や国際会議に、選手・役員を派遣しています。

調査研究・情報収集

障がい者のスポーツの在り方に関する検討、国内外の障がい者のスポーツに関する情報収集、スポーツ用具の改良・研究を行っています。

パラリンピック競技大会等において特に優秀な成績を収めた者に対する表彰

パラリンピック特別賞受賞者に対して賞状及び報奨金を授与しその栄誉を讃えています。

その他

その他、本協会の目的達成に必要な事業を行っています。