資格をとりたい方

資格取得者の声

医療従事者を目指す自分ならではの
関わり方を

初級障がい者スポーツ指導員

青池 慎人

活動地:愛知県
所属:中部大学学生


現在どのような活動をしていますか?

愛知県で開催された陸上競技大会や障がい者スポーツの体験交流会などの運営補助を行っています。

受講のきっかけは?

救急救命士という医療従事者を目指す者として、障がいを生み出してしまう立場に立つ可能性があるため、今から障がい者との関わりを持つことでより良いサポートができるのではないかと考えたためです。

活動現場で感じるやりがいや喜びは何ですか?

安全に配慮した活動をすることで、選手の方が怪我なくパフォーマンスができる環境を作ることができたことです。選手が楽しく競技している姿を見て、こちら側も達成感や競技の楽しさが伝わってきました。

指導現場での留意点や心がけていることはありますか?

サポートをする側も楽しむことで、選手がより楽しく競技をすることができると考えているため、そういった雰囲気を作ることです。

指導現場で感じる課題はありますか?

人それぞれ距離感や言葉遣いなどが違うため、それを理解し実行することが難しいと感じました。

今後どのように資格を活かしたいですか?

資格を持つ者として、一般の方にさらに障がい者スポーツを理解し、認知してもらえるような活動をしていけたらと思います。

これから資格を取られる方に一言

障がい者のある方との関わりが増え、難しさや無力感を感じるかもしれませんが、周りの方と協力し、楽しむことを忘れずに活動すると良いと思います。