資格をとりたい方

資格取得者の声

体験する楽しさと発見、そして笑顔

初級障がい者スポーツ指導員

宮川 和幸

活動地:佐賀県
所属:佐賀県立唐津特別支援学校/教員


現在どのような活動をしていますか?

所属する佐賀県立特別支援学校高等部では、日々の生活の中や保健体育の授業や学校行事で、学校外では、障がい者スポーツ教室等で様々な運動やスポーツ活動に取り組んでいます。

受講のきっかけは?

自分自身の研鑽を積むことはもちろんですが、率先して取得することで、障がい者スポーツの指導者が一人でも増えればと思ったことです。一緒にやってみようと、仲間も誘って受講しました。

資格取得後の変化について

多くの人と触れ合うことができ、たくさんの笑顔に出会えたことは、私の原動力となっています。そして、改めて人と人の繋がりの大切さを感じています。

活動現場で感じるやりがいや喜びは何ですか?

運動やスポーツ活動を通して、その一瞬を参加者全員で共有できること。仲間たちと楽しさや喜びを共有できること。体験を通して得られる、子どもたちの生き生きとした表情を見ることができることなど、たくさんあります。

指導現場での留意点や心がけていることはありますか?

「安全第一」これは、私の究極のテーマです。また、伝える工夫、分かりやすくなる工夫、楽しくなる工夫、常に何ができるかという「工夫」を考えています。

指導現場で感じる課題はありますか?

たくさんの人が気軽に参加できる環境が整えられ、参加者が増えてほしい。そのためには、理解者・協力者・支援者など多くの人が、積極的に関わってほしい、また、関われる状況が整えられてほしいと思います。

今後どのように資格を活かしたいですか?

いろいろな体験を通して、たくさんの人と、たくさんの楽しい時を共有して、たくさんの笑顔に出会いたいです。

これから資格を取られる方に一言

運動やスポーツ活動のことだけでなく、たくさんのことが勉強になりました。また初心を思い出すきっかけとなり、自分の再発見への契機となるものでした。ぜひ、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。