資格をとりたい方

資格取得者の声

「指導する」のではなく、
「一緒に取り組む」

初級障がい者スポーツ指導員

西畑 梨絵

活動地:熊本県
所属:熊本県立球磨支援学校/教員


受講のきっかけは?

勤務している支援学校のレクリエーションで初めて障がい者スポーツと出会いました。子どもたちと一緒に活動をする中で「障がい者スポーツについてもっと知りたい」という気持ちが出てきたので、受講をすることを決めました。

資格取得後の変化について

資格取得後、障がい者スポーツの大会やイベントに参加する機会が少ないのが現実です。しかし、学校現場でボッチャの指導にあたる場面などで、学んだ知識を活かすことができています。

活動現場で感じるやりがいや喜びは何ですか?

ボッチャの指導の際に投げ方のコツを伝えると、参加していた子どもたちから「なるほど」「次はこうしてみよう」という言葉が聞けたときは、やりがいを感じます。

指導現場での留意点や心がけていることはありますか?

「指導する」のではなく、「一緒に取り組む」という感覚で取り組むように心がけています。

今後どのように資格を活かしたいですか?

今後は、イベントや活動に参加するなどして経験を積んで、障がい者スポーツの普及に少しでも力になれたらと思っています。

これから資格を取られる方に一言

すべての人が楽しくスポーツができる社会になるように一緒に活動していきましょう。