資格をとりたい方

資格取得者の声

専門分野で選手の毎日をサポート

中級障がい者スポーツ指導員

山本 和恵

活動地:愛知県
所属:日本福祉大学スポーツ科学部/公認スポーツ栄養士


現在どのような活動をしていますか?

主に日本福祉大学強化指定部の部員、日本車いすテニス協会(JWTA)次世代育成強化指定選手、(公財)静岡県障害者スポーツ協会主催の強化指定選手の食事・栄養サポートをしています。

受講のきっかけは?

JWTA次世代育成強化合宿に、栄養サポートとして帯同した時に、食事だけでなく他の分野の知識も必要であると感じたため、障がい者スポーツ指導員養成講習会を受講しようと思いました。

資格取得後の変化について

受講後、再度JWTA次世代育成強化合宿に栄養サポートとして帯同した時には、選手のことがより理解でき、そのうえで食事のアドバイス等をすることができました。他の現場でも同様に障がいの部分を理解しながらサポートができました。

活動現場で感じるやりがいや喜びは何ですか?

考えながら自炊をしている選手、コンビニで惣菜を考えて選ぶようになった選手の話を聞くと、さらに選手個人にあったものを科学的に考え、情報提供の責任を感じる一方で、やりがいと共にとてもうれしく感じます。

指導現場での留意点や心がけていることはありますか?

選手と一緒に食事ができる時は、同席して摂食状況等を把握し、コミュニケーションを図ります。また、食事・栄養アドバイスを行うときは、相手の立場を考慮し、できること、できそうなことを選手と一緒に見つける努力をします。

指導現場で感じる課題はありますか?

選手が頑張って配膳の準備をしていると、つい助けたくなりますが、手を出さないで我慢し見守ることが私の課題です。一方、年齢が低い選手や障がいが重い選手は、周囲のサポートが特に必要になります。常に選手と一緒にいることができないので、的確にアドバイスをすることの難しさを痛感していますが、選手の身近な方から話を聞くなどしています。

今後どのように資格を活かしたいですか?

障がい者スポーツ選手の持っている機能を十分に発揮できるように、障がいについて他分野の知識も入れながら、スポーツ栄養を取り入れた食事・栄養サポートを実施していきたいです。

これから資格を取られる方に一言

障がい者スポーツの進展のためには、多職種連携が必須であると考えます。他分野を理解しながら自身の得意分野を活かすことが最大の武器かと感じています。知らないことが知れるうれしさも味わえます。